FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告



始めてのウェーダーの選び方




ウェーダーにはいろいろなものがありますが

あくまでも、初めてウェーダーを買うケースを想定して

汎用性の高さを基準に、ウェーダーの選び方を考えました。

また、ウェーダーは夏用と冬用、

2着持つのがベストですが、

あくまで“最初の一着”ということで、

出来るだけ安く済ませることを前提としました。

ただ、やはり安いものは壊れやすかったり、

性能的に十分でないことも多いので

2着目からは高くても、良いものを買うことを

おすすめします







・最初はナイロン製でOK


最初の一着は、ナイロン製でOKです。

透湿性が高く、蒸れにくい素材のものや

丈夫で、保温性も高いものもありますが

これらは高価なものが多いです

最初はお試し感覚で、ナイロン製を選びましょう






・デニール数の高いものを選びましょう


デニールとは糸の太さを表す単位です

デニール数が大きいものほど丈夫で、

保温性も有るということです。

(400デニールくらいあると良いでしょう)

ただ、春と秋冬は問題ないんですが

夏はかなり熱いです。水の中でも熱いです。

だからと言って強度と保温性を捨てると

あとの春・秋・冬と、後悔するかもしれません。

また、夏でも河川などでウェーディングする場合は

強度を無視することはありえません。

ですので、どうしても深く立ち入りたいときを除いて

スパイクブーツや長靴などで対処すると良いでしょう






・チェストハイを選びましょう


ウェストハイやヒップウェーダーなどもありますが

胸まで覆うタイプのチェストハイを選びましょう。

「そんなに深いところ行かないよ?」

と思うかもしれませんが、

“今は”そう思うだけで、3か月後はわかりません。

「チェストハイならあの磯に渡れたのに…」

と思う日が来るかもしれません

大は小を兼ねます。

ということで、とりあえずチェストハイを選びましょう。






・ソールはフェルトスパイク


ソールに関しても、いろいろ種類がありますが

フェルトスパイクが一番汎用性が高いです

今は予定がなくても、

磯などでウェーディングすることも考えて

フェルトスパイクを選ぶのが無難です。





以上が汎用性の高いウェーダーの要素です。

また、言うまでもなく、ライフジャケットは着ましょう。

ウェーダーを着たまま水没するということは

即、死を意味します。

ウェーダーとライフジャケットはセットです

必ず、ライフジャケットを着ましょう。




Amazonでウェーダーを見る

Amazonでライフジャケットを見る

タビ・磯ブーツウェーディングシューズ もあわせてどうぞ。








どうでもいいことですが・・・

初めてウェーダーを買うと、なんか嬉しくなっちゃって

意味もなく水の中に入ったり、

水際ギリギリに立ったりしませんでしたか?

そーですかーわたしだけですかー。

ただ、もし仮にそういう人がいたら

一通り気が済んだら、止めましょうWW

もったいないからです。

フィッシュイーターのバイトは

かなり近く、目の前とかで出るからです

なので、まずは手前を撃ってから

徐々に立ち入るようにしましょう。







人気のウェーダーをチェック!!









関連記事
スポンサーサイト
シンプルな釣り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。