FC2ブログ
私のような貧民はフラットを狙う時、

ソフトルアーを使います。

(貧民じゃない方々も使いますが。)

毎回ズル引きするわけじゃなくても、

どうしてもボトムを意識した

釣りになりますからね。



基本はジグヘッドを使うんですが、

アシストフックも欲しいところ。

フロロかなんかで作ろうかなーと思ったんですが、

傷がつくたび交換しなきゃいけないし、

出来ればワイヤーがいいなーと思って、

これにしました。






スナップ付きで無精な私にはぴったりです。

スナップが気になるようであれば、

ニッパーなどで外して、

両方スプリットリングにもしても良さそうです。

サイズはS、M、Lがあります。

Mは6センチ、Lは7センチってとこですか。

Sは買ったことないんで分かんないんですが、

これでいくと5センチなんでしょうか?

025_20151129133807afe.jpg


FJジグヘッド パワーシャッド 5インチだと
         
         ↓
025 (2)



ワイヤーはMサイズ。



もちろん安いバイブも使います。

根ガカリ覚悟でストアクチャーにぶち当てて

使うのにも良いですしね。(シーバス狙いの時とか)



おすすめジグヘッド






スポンサーサイト
シンプルな釣り






ヒラメ 

006_201509281812240a3_20151017144815aa7.jpg



沖縄を除く日本各地に分布。
日本各地で放流事業が行われている。
40センチ(または30センチ)以下のものは
ソゲと呼ばれる。(なるべく、リリースしましょう。)




マゴチ

003_20140603070830c9c_2015101714481678e.jpg



東北以南の太平洋および日本海沿岸に分布。
ルアーで釣れるのは40~50センチが多く、
70センチ以上のものも釣れる。
頭やエラにトゲがあるので注意。






タックル

9~11フィートのシーバスロッドに、
中型(ダイワなら2500~3000)スピニングリールでOK。
ラインは1号くらいのPEに、
20ポンドくらいのフロロカーボンリーダーを
1メートル前後合わせたもの。
シーバスタックルを持っていれば転用できる。

おすすめのシーバスタックル




ルアー

アピール度が高い、12センチ前後の
フローティング、シンキングミノーが基本。
カラーは水がクリアなときはイワシなどのナチュラル系。
濁っていたらピンクやオレンジなどのハデハデ系。



サスケ烈波をチェック

熱砂シリーズをチェック


ビギナーにはソフトルアーがおすすめ。
4~5インチのシャッドテールやカーリーテールに
ジグヘッドが基本。
カラーはブルーやホワイト、ピンクが効く。



パワーシャッドをチェック




リトリーブはただ巻きでOK。
ヒラメはボトムから1メートルくらいの範囲を、
マゴチはボトムから50センチ以内の範囲を通す。
波打ち際でヒットすることもあるので注意。
メタルジグやバイブレーション、ソフトルアーを使った
リフト&フォールも有効。
マゴチの場合、バイブレーション、ソフトルアーの
ズル引きも効果的。


安いバイブを探す













ビギナーにおすすめのタックル


イナダやらワカシやら(青物ラッシュ) サゴシ祭りin新潟サーフ2014開催中 ただのスレ掛かりでした ビギナーにお勧めのタックル(シーバス、青物用)
磯マルゲット。小さいけど。(シーバス65㎝) 磯マル追加 小っちゃいけど磯マル(65くらい) 防波堤偵察



シンプルな釣り
同志(ビギナー)の皆さん、こんにちは。

中級者を目指すうえで、

クリアしなければならないポイントは

たくさんありますが、

“シンペンを使いこなせるようになる”

っていうのも大事なポイントですよね。

ということで、しばらくシンペンマスターを目指して

がんばってみます。



とりあえずテキトーにググるか・・・

へぇ~。ふ~ん。あは~ん(?)



ザックリまとめると…


シンペンは


・飛距離がでる

・リトリーブすると、滑らかに蛇行するように動く

・固定重心でレスポンスが良い

・巻き感はかなり弱い

・浮き上がりやすく、レンジキープは苦手

・フォール時は、ゆらゆらとローリングするものが多い

・カウントダウンの調整などで、いろいろなレンジを探れる

・スレに強い

・基本的にスローなただ巻きでOK

・リフト&フォールやトゥウィッチも非常に有効



使い方は:

キャストして、任意のレンジまでカウントダウン。

レンジを意識しながら、ゆっくり巻いてくる。

必要に応じてフォールさせたり、トゥウィッチしたり、

リトリーブスピードやロッドポジションを変えたりする。

なんにせよ、レンジコントロールが鍵になるようです。



飛距離が出るからサーチベイトとしても使えるし、

魚がミノーに擦れてるときにも使えるし・・・

基本、いつでもでも使えるようです

(ただ、荒れた海況はニガテなものが多いので注意)

荒れた磯やサーフでも、難なく使いこなせるようになれば

中級者に一歩近づけるんじゃないでしょうか。



ハイブリッドシンキングペンシル DAIWA-morethan GYPSY82S

その他のシンペン動画



ってことで、いくつか買ってみた

021_20141104022950a85.jpg



Amazonでシンペンを見る

特に注目のシンペンは、ブルースコード2(近日発売)。

Amazonでブルースコード2を見る



シンプルな釣り

10ftロッドが一番

2014/11/13 Thu 

そーですかー。

9ftロッドじゃ物足りなくなってきましたかー。

確かに、やりたいことが増えると

9ftロッドってかなり中途半端ですよね。




私も今、9ftロッドは使っていません。

8.6ftロッドや11ft、12ftロッドも持ってますが、

10ftロッドが一番使用頻度が高いです。(2本持ってる)




思ったんですが、

シーバス、青物、ヒラメ、マゴチをやる場合

10ftクラスのロッドに

ダイワなら3000番のリールが

一番汎用性が高いんじゃないでしょうか?

(一本もロッドを持ってない、全くのビギナーは別ですが)




もちろん、港湾内でルアーをやるなら

10ftロッドは若干長い。

でも、それ以外のポイントでは、

全般的に使いやすいです。




サーフや大型河川の河口はもちろん、

磯でも、それほど足場が高くなければ

10ftロッドでもイケます。

堤防から外海に向けて遠投するときも、

基本、長いロッドのほうが飛距離は出ますし、

テトラの上ではかえって

やり取りが楽なことも多いです




少し、アクションが付けにくいかもですが

慣れれば問題ないです(意外にすぐ慣れると思います)




大場所と小場所を頻繁に移動しながら

釣りをするなら別ですが、

海で手広くルアーフィッシングをやるなら

10ftロッドは一番使いやすいです。




ただ、まだ一本もロッドを持ってない方には

やはり、9ftロッドをおすすめします。

小場所でも使えるからです。

自分がどこで釣りがしたいのか分からないうちは

9ftが無難です。




もちろん青物ハンターの方や

サーフでフラット専門に狙ってるような方は

専用のタックルを持ってると思いますが、

今釣れる魚を適当に狙うなら

10ftロッドが一番便利だと思います。






参考までに



Amazonでメジャークラフトの10ftロッドを見る

Amazonでダイワの10ftロッドを見る



安いものならこれ



ダイコー(DAIKO)はこちら



Amazonでダイワの3000番リールを見る








人気のバイブをチェック!!








シンプルな釣り



始めてのウェーダーの選び方




ウェーダーにはいろいろなものがありますが

あくまでも、初めてウェーダーを買うケースを想定して

汎用性の高さを基準に、ウェーダーの選び方を考えました。

また、ウェーダーは夏用と冬用、

2着持つのがベストですが、

あくまで“最初の一着”ということで、

出来るだけ安く済ませることを前提としました。

ただ、やはり安いものは壊れやすかったり、

性能的に十分でないことも多いので

2着目からは高くても、良いものを買うことを

おすすめします







・最初はナイロン製でOK


最初の一着は、ナイロン製でOKです。

透湿性が高く、蒸れにくい素材のものや

丈夫で、保温性も高いものもありますが

これらは高価なものが多いです

最初はお試し感覚で、ナイロン製を選びましょう






・デニール数の高いものを選びましょう


デニールとは糸の太さを表す単位です

デニール数が大きいものほど丈夫で、

保温性も有るということです。

(400デニールくらいあると良いでしょう)

ただ、春と秋冬は問題ないんですが

夏はかなり熱いです。水の中でも熱いです。

だからと言って強度と保温性を捨てると

あとの春・秋・冬と、後悔するかもしれません。

また、夏でも河川などでウェーディングする場合は

強度を無視することはありえません。

ですので、どうしても深く立ち入りたいときを除いて

スパイクブーツや長靴などで対処すると良いでしょう






・チェストハイを選びましょう


ウェストハイやヒップウェーダーなどもありますが

胸まで覆うタイプのチェストハイを選びましょう。

「そんなに深いところ行かないよ?」

と思うかもしれませんが、

“今は”そう思うだけで、3か月後はわかりません。

「チェストハイならあの磯に渡れたのに…」

と思う日が来るかもしれません

大は小を兼ねます。

ということで、とりあえずチェストハイを選びましょう。






・ソールはフェルトスパイク


ソールに関しても、いろいろ種類がありますが

フェルトスパイクが一番汎用性が高いです

今は予定がなくても、

磯などでウェーディングすることも考えて

フェルトスパイクを選ぶのが無難です。





以上が汎用性の高いウェーダーの要素です。

また、言うまでもなく、ライフジャケットは着ましょう。

ウェーダーを着たまま水没するということは

即、死を意味します。

ウェーダーとライフジャケットはセットです

必ず、ライフジャケットを着ましょう。




Amazonでウェーダーを見る

Amazonでライフジャケットを見る

タビ・磯ブーツウェーディングシューズ もあわせてどうぞ。








どうでもいいことですが・・・

初めてウェーダーを買うと、なんか嬉しくなっちゃって

意味もなく水の中に入ったり、

水際ギリギリに立ったりしませんでしたか?

そーですかーわたしだけですかー。

ただ、もし仮にそういう人がいたら

一通り気が済んだら、止めましょうWW

もったいないからです。

フィッシュイーターのバイトは

かなり近く、目の前とかで出るからです

なので、まずは手前を撃ってから

徐々に立ち入るようにしましょう。







人気のウェーダーをチェック!!









シンプルな釣り
 | HOME | Next »